霊視出来る方、お願いします
By 稲川淳二世 33才 男

稲川淳二世さんの悩み

退職する決意は固めたのですが「何かいる」と部品製造の工場の社員間で言われていました。腱鞘炎になったとか、指を骨折していたとか、皆が嫌がる仕事を任されてしまい、私も30代で50肩となり腕は上がらず生産数は足りない。未だ居るであろう若ハゲ社長に、もう出来ませんと直言しようと、工場の外壁を伝い二階の事務所に上がろうとしました。鮮血を撒いた様な夕焼けでした。鉄の階段を上ろうとしますと、カンカンカン。私一人しか居ない階段に、階段を降りる足音。気になり私は足を止めましたが、カンカンカン。鉄の階段を降りる足音は続き階段下のコンクリート辺りで消えたようでした。何か霊的な物を感じたのですが、霊視をお願いします。


お知らせメールへ